国が打ち出す政策で

日本の経済は円安と株高の方向性に進もうとしています。 円安になる原因のひとつには、日本銀行が行っている金融緩和とそれを推進している政治の動きと言えます。 金融政策は性格には貨幣政策ということもできるもので、世の中に流れる貨幣の総量を調整するもので、金融緩和とは世の中に流れる貨幣の総量を増やすことになります。 貨幣の量が重要な要素になる理由は、物価や景気の動向と密接な関係があるからです。 金融緩和を行うと円安になる傾向があります。 為替相場は毎日のように様々な要因によって変動しますが、貨幣の量や金利の差によっても変動します。 世界中のお金の流れは金利の低い国から高い国に流れる傾向があるために、低金利の通貨は売却されて、高金利の通貨は購入されることになります。 金融緩和の政策によって世の中に流れるお金の総量自体が増加すれば、景気が良くなると考えられます。 金融緩和によって円安になりますので、ドルを使って輸出する企業にとってみればドルを円に両替するときに受け取れる円の量が増加するので、企業の収益が良くなります。 円安は景気を好転させる役割と、輸出を収入源としている企業の収益を上げる要因となります。 また、お金の流通量を増やすことで、預金や投資信託にまわるお金が増えると考えられます。 お金の量自体が増えるので、半ば当然の結果とも言えるでしょう。 経済を良くするためには銀行からの貸し出しや証券の投資などが増加する必要がありますので、預金や投資信託に使われるお金の量が増えることで、金融機関が利用できるお金が増えて社会全体を好循環にする役割を果たせることになります。 金利を引き下げることも重要な政策の一つと言えます。 金利の引き下げが行われると、それによって銀行などの金融機関がお金を貸し出すときの金利も低くなるので、一般的に融資を受けやすくなります。 融資が受けやすくなることで、社会における市場でお金の循環がスムーズに行われるようになって、景気を回復させることができます。 アメリカや日本ではゼロ金利がとられていて、金利が実質的に0%になっています。 中央銀行や政府が国債を買い入れることで、市場にお金の量を増やす方法もあります。

このページのトップへ