デフレ脱出に打ち出す政策

デフレ脱出は日本社会にとって好ましいものですが、簡単ではないと言えます。 安部首相になってアベノミクスがスタートを開始し、順調な滑り出しを見せたと言えますが、その理由は世界経済の状況が変化していたことも理由に挙げられます。 新興国からの資金が流入しはじめたために、日本をはじめとした主要国の不動産や株式の市場に資金が増加して回復の基調を見せたことが理由のひとつです。 その時期にデフレ脱出の政策として三本の矢を同時に放つことで、日本経済を好転させている状況です。 目標を達成するにはインフレの達成を確実なものとする必要があり、そのための金融政策としては国債の買い付け量を増加させることや、現状よりも長い期間において国債の購入を行っていくこと、株式投資や不動産の関連証券をはじめとするリスクのある資産の購入や、外貨建て証券を買っていくことなどが挙げられます。 日本の金融緩和が為替レートを操作することに政府や日銀は敏感になっているということもできて、日銀総裁が国債の購入を検討しているという考えもあり、経済市場の金利が低下している傾向にあります。 デフレ脱出するためには大幅な金融緩和を行う必要性が高いと言うことができますが、それだけでは不十分であるという意見もあります。 日本銀行は消費者物価の上昇率を2%に引き上げることを目標として政策を行っていますが、物価が上昇気流に乗るためには需要が継続して拡大していく必要があります。 大きな金融緩和を実行すればするほど、財政政策との切り離しが難しくなるという側面もあります。 金融を大きく緩和することに伴って、財政の施術については抑えることが大切となり、大きな金融の緩和によって財政の赤字が膨らむ場合には、デフレ脱出という目標に有効的であっても将来にわたって長期的に続けることが難しくなります。 金融や財政による刺激を与えなくても、経済が継続的に成長できる戦略をみつけなければなりません。 技術革新や潜在的な成長力を高めていくことが、日本経済を良くする根本的な方法と言えるでしょう。

このページのトップへ